ルアーフィッシングは釣果を上げる1つの選択肢

魚釣りには大きく2つあります。

1つが餌釣り、もう1つがルアー(疑似餌)フィッシングです。

釣りをする人なら分かると思いますが、餌釣りの人はルアーフィッシングはしないという人が多いです。

反対にルアーフィッシングの人も餌釣りはしない人が多いでしょう。

この2つのタイプで圧倒的に違うのは、餌釣りの人はルアーフィッシングを経験したことがない人が多いのに対して、ルアーフィッシングの人は餌釣りを経験してからルアーフィッシングへ移行している人が多いという点です。

これは釣りを始めるときにルアーフィッシングから入る人が少ないことを表しています。

つまりルアーフィッシングは敷居が高いと感じている人が多いということです。

もっと言うとルアーフィッシングで釣果を上げるのは難しいと思っている人が多いともとらえられます。

でもこれは、はっきり言って「間違い」です。

魚種によってはルアーフィッシングのほうが有利であることが多いからです。

小魚を食べるような肉食系の魚種(フィッシュイーター)なら圧倒的にルアーフィッシングのほうが釣果を上げることができます。

実際に餌釣りをしていて、あとから来たルアーフィッシングの兄ちゃんがすぐに大物を釣って帰って行ったという悔しい経験をされた方もいると思います。

ルアーフィッシングは敷居が高いものではなく、単純に釣果を上げる1つの選択肢であるということを覚えておいてください。

現在餌釣りをしていて、ルアーフィッシングに興味がある方は、ぜひルアーフィッシングに手を伸ばしてみて頂ければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする