餌釣だけがチヌ釣りではない ルアーでもチヌは釣れる

生活圏に近い場所でも釣る事ができて、昼、夜問わずにルアーによく反応するのはチヌ。
チヌはルアーよりも餌で釣る方がメジャーではありますが、実はルアーでも釣れる魚です。
チニングという釣りが流行していますが、チニングとはチヌをルアーで釣る事をいいます。

・チヌをルアーで釣る
ルアーで釣るなら、比較的水深の浅めの港湾部や河口の汽水域が狙い目です。
干潮の時にはトップゲームで釣る事ができます。潮位が高い時にはワームやシンキングミノーでも釣る事ができます。
3月から12月ごろまで狙えて遊べるシーズンも長めなのでおすすめです。

・ルアーセレクト
真夏の昼間やシャローエリアなら小型のポッパーが面白いです。
水深が2メートルを超す時には、ボトムレンジを狙う事ができる3インチ前後のワーム、もしくは7cm以下のシンキングタイプのミノーを使いましょう。

・ローテーション
ポッパーで反応がない時には、ボトムレンジを狙えるルアーに変えてみます。逆にボトムレンジを攻めていたなら、シンキングミノーやポッパーなどの違うレンジを探れるルアーに変えてみましょう。
レンジを変えてみて反応がない時には、カラーを変えてみると良いです。
カラーもローテーションしながらどの色に反応が強いのか、様子を見てみると良いでしょう。

チヌというと昔から餌釣で人気の魚ですが、ルアーでも釣れる魚です。
ぜひ、チャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする