ショアジギングでの魚釣りの楽しみ方について

私の釣りのターゲットとなる魚は、タチウオとハマチ、サゴシといった所謂、青物とよばれるものです。

釣り方はメタルジグやプラグを使ってのショアジギングで、それらが釣れる夏から秋にかけてのみ釣りをしています。

以前は、ウルトラライトショアジギングやチニングやエギングなどその他の魚釣りもしていたのですが、今はこれのみとなっています。

ショアジギングの魅力は、重めのルアーを遠くまで飛ばす事が出来ることと、魚が掛かった瞬間のゴンッとくる感触、掛かった後の強烈な引きにあると思います。

夜明け前にポイントに入り、準備を開始。夜明け前のターゲットはタチウオ。

まずはミノーで表層を扇状に探っていきます。

そこで当たりがなければルアーをバイブレーションに変え、レンジを徐々に下げていき、魚のいる場所を探していきます。

夜が明けると青物狙いへチェンジ。

メタルジグを使い、先程と同じようにあらゆるレンジを探っていきます。

青物狙いの釣りは、頻繁にアタリがでるような釣りではありません。

魚が自分のルアーが届く範囲に回遊してくるのをひたすら待ちながらルアーを動かし続ける、いわば忍耐の釣りです。

ですので、いかに疲れないようにするかもポイントとなります。

私は出来るだけ力を入れず、竿先のみを動かすように、小さく、かつ稼働させる部分を少なくさせながら竿を動かし、緩急はリールを巻く速度で調整しています。

そうすると長時間疲弊する事なく釣りを続ける事ができます。

この釣り方での実績も充分あるので、釣れると信じ込めるので気持ちも折れません。

夏の終盤を迎えた今からがシーズンイン。

今年も積極的に大物を狙っていきたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする