釣り超初心者でも楽しめる湯ノ湖でのマス釣り

マス釣り(トラウト)と聞けば、フライやルアーなどで渓流を探っていく難しい釣りをを想像する人もいれば、逆に管理された小さな池の中でマスが大量に泳いでいるところに釣り糸を垂らすいう非常に簡単な釣りを想像する人も多いかと思います。

難しい釣りは自信がなく、かといって見えている魚を釣るだけでは物足りない…と思っている人にオススメしたい場所が日光にある湯ノ湖です。

ここは自然に囲まれた湖で、漁協によってほどよい数のマスなどが放流されています。

マスの種類も非常に豊富でニジマスからカワマス、ヒメマス・ホンマスなどが釣ることができます。

ここでは釣魚券を購入して釣りをするのですが、岸釣りと舟釣りの二種類の釣り方があります。

舟釣りは釣魚券も高くなりボートのレンタル代もかかるのですが、その分だけ釣果も大きく差が出るようです。

運や腕の違いもありますが、やはり岸釣りだと釣れても小ぶりのものが多く、舟釣りだと30センチを超える大物も釣れることがあります。

そして釣り方はフライやルアーなど人それぞれ楽しめるものを選ぶのが一番ですが、特にそういったこだわりがなく釣りを楽しみたいというだけなら、餌釣りが初心者には断然おすすめします。

仕掛けも簡単で、極端に言ってしまえば浮きと重りと針だけでよく(サルカンがあればもっと便利になります)、それだけで釣れてしまいます。

使用するエサはブドウ虫が主流ですが、こちらは事前に用意するか、できなくても湯ノ湖で販売しています。

湯ノ湖は絶対に釣れるというほどの場所ではありませんが、放流がされているぶん自然なままの場所より釣りが存分に楽しむことができます。

また標高も高い場所にある湖なので夏なども涼しく、さわやかな風に吹かれてする釣りは格別です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする